企業WEB担当者が語る!WEB制作会社を選ぶ8つのポイント
多数のWEB制作会社の中から、どんな会社と付き合えば良いのか?
WEB制作会社選びのポイントを、大手タイヤメーカーで約10年にわたってWEBを担当してきた門前氏にインタビューしました。

WEB制作会社を選ぶポイントってどんなところがありますか?

長年WEBサイトの制作を企業側、つまりクライアントサイドから見ていて思っていたのは、以下の8つです。

WEB制作会社を選ぶ8つのポイント
[1]デザインのセンスが合うかどうか?
[2]実際の運用を想定したサイト作りができるかどうか?
[3]各種システムとの連携、新しい技術に対応できるかどうか?
[4]全体としてのマーケティング視点で考えられるか?
[5]PDCAの視点で運用ができるか?
[6]妥当な見積もりを出せるかどうか?
[7]コンプライアンスの視点をもって仕事をしているか?
[8]本当にその会社が制作しているかどうか?

デザインのセンスが合うかどうか?

どんな戦略を打ち立てるWEB制作会社でも、会社やブランドのテイストを理解していただいた上で、デザインのセンスが合わなければ元も子もありません。いくつか制作しているうちにセンスや感覚のギャップが出てくると、修正のやり取りが多くなってしまいお互いに苦労します。

実際の運用を想定したサイト作りができるかどうか?

きれいなデザインを作る会社でも、実際の運用を想定できたサイト作りができていない場合があります。例えば、アクセス解析でのアウトプットを想定したサイト作りができていないため、アクセス解析の手間が膨大になったり、検索サイトやその他サイトからのリンクを想定していないため、適切なランディングページがなかったり、ちょっとしたファイルやページ構成の違いで、更新の手間を減らし、ミス・漏れを防ぐことが出来たりします。

各種システムとの連携、新しい技術に対応できるかどうか?

今はWEB制作に関して、分業化が相当すすんでいます。また携帯やi-Padなどの新しいデバイスも多数出てきています。企画進行力のあるディレクターでも、実はHTMLの知識が十分でないため、新しいWEB技術に疎いため、若しくはサーバやネットワークなどのシステムを理解していないため、制作がうまく進まない場合も多々あります。またシステムに起因するトラブルの際の原因切り分けが進まず、対応が遅くなるといったケースもあります。

全体としてのマーケティング視点で考えられるか?

WEBサイト単体もしくはインターネットという枠組だけの発想に留まる提案が本当に多いと思います。ユーザは、実際には企業と多くのコンタクトポイントを持っています。インターネットでいえば、自社WEBサイトだけでなく、メールマガジン、ネット広告、掲示板の書き込みなど、タイヤメーカーという視点に広げると、店頭の商品そのもの、タイヤラベル、店員の商品説明、カタログ、POP、雑誌広告、TVCMなどです。その中でのWEBサイトをどう位置づけていくか、全体の中でのWEBサイトのコミュニケーションシナリオをどう考え最適化していくか、このような視点が重要になってきます。

PDCAの視点で運用ができるか?

WEBサイト制作というのは、通常一度作ったらルーチンでの更新になりがちです。WEBサイトが印刷物などの従来の制作物と大きく異なるのが、WEBサイト公開後も、ユーザの反応をみて変えていくことができる点です。アクセス解析を正しく設定した上で、形式的なアクセス報告に終わるのではなく、定期的に指標をどう見て、どこを変えていくべきか、当たり前ですがなかなか出来ている企業はまだまだ少ないと思います。

妥当な見積もりを出せるかどうか?

広告代理店や大手WEB制作会社に多いのですが、こちらが相場や作業内容を理解できないことを良いことに、本当に高い見積もり金額を出してくる場合があります。一方あまりに安く出してくる場合も問題です。そもそも作業項目が抜けて後から請求されたり、採算をあわせるために修正のたびに追加料金が必要になったりする場合もあります。想定の作業内容を把握して、予算に合わせて実施内容を調整し、妥当な金額を出すという当たり前のような事をできない制作会社もまだまだ多いようです。

コンプライアンスの視点をもって仕事をしているか?

WEBサイトを運営するにあたっては、著作権法、景品表示法、不正競争防止法、個人情報保護法、特定商取引法、特定電子メール法など各種法律に気を配る必要があります。しかし、このような知識と遵法意識を持っているWEBディレクターはあまり多くありません。特に個人情報の取り扱いに関しては、クライアントサイド、制作サイド両方において運用上の注意が必要なので十分に留意する必要があります。

本当にその会社が制作しているかどうか?

広告代理店に何度かWEB制作やネット広告をお願いしたことがありましたが、提案の際はとても良いプレゼンで結果が楽しみだったのですが、WEBの知識に乏しく、進行が混乱することが多々ありました。また、大手WEB制作会社でも、実は話をよくよく聞くと別のWEB制作会社にまるごと外注している場合もありました。間に人が多数介在することによってコストが高くなる反面、メリットはほとんどありません。

WEB制作会社としてのカンナートはどうでしょう?

8つのポイントに関して、カンナートさんはまさにクリアしているのですが、あえて言うならただ単に安くWEBサイトを作りたいとか、WEBサイトのリニューアル1回だけお願いしたいという会社には、カンナートさんは向いていないかもしれません。 インターネットで悩みを抱えていてそれに応えてほしい会社、システムの開発からプロモーションまで含めて相談したい会社、メールマーケティングとWEBサイトを連動させて本当に効果を出していきたい会社が向いていると思います。カンナートの望月さんと10年近くお付き合いして、互いに切磋琢磨できた理由はこんなところにあると思っています。

もし実際にカンナートさんに仕事をお願いした場合どんな感じなるのか、聞きたい場合は、ご説明することも可能です。いつでもご連絡ください。詳しくご説明します。

  • 1
  • 2
お問い合わせ先:
株式会社カンナート
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-3-12 ジブラルタ生命原宿ビル7階
TEL:
03-6432-9033(平日 10:00~18:00)
  • お問い合わせ
  • 株式会社カンナートWEBサイト